おまけ 後日談

日本に帰って来てから、初めて感じた事なのですが・・・。
現在、「ホーム・シック」です。
この2年間で、初めて感じました。
ニューヨークに戻りたい・・・。ああ、戻りたい・・・。(ちゃんちゃん)
[PR]

  # by masa-beatles | 2007-04-01 11:12 | この頃思うこと

さて、それでは。

d0031192_13513083.jpgさて、ついにこの時が来てしまいました。

2年間のブログの購読、どうもありがとうございました。なんとか、無事に、健康に、そして元気に、この2年間のニューヨーク生活を終えることが出来そうです。
たくさんの人達に見送られて日本を発ったのは、もう2年前。皆に僕が元気で暮らしていること、そしてニューヨークってこんな所なんだよってことをお届けしようと始めたこのブログも、今回でおしまいです。
2005年4月20日から、合計190本の記事、193本のコメント、今日の時点で9,016件のアクセスを頂きました。貴重なコメントは、いつも僕の励みになりました。へたくそな文章なのに、辛抱強く御付き合いをいただいたことに、感謝の言葉もございません。ありがとうございます。

こんなにニューヨークの生活が楽しく、そして充実したものになるとは、当初考えてもいませんでした。きっとすぐにホームシックにかかるだろうと思っていたし、食べ物も、ぶっきらぼうな町の人々も、最初は好きになれないと思っていたのですが、いつのまにか、僕はこの町の生活者になって、この町の魅力に取り憑かれていました。ホームシックには結局一度もかかりませんでした。でも、日本から遊びにきてくれた友達を、JFK空港で見送った後に一人で乗る地下鉄では、たまらない寂しさを感じたものです。

ニューヨーク生活を楽しくしてくれた最大の要素と言えば。それはやっぱり友達と同僚達の存在です。特に僕としょっちゅう遊んでくれたニュージャージーの仲間達には、心から感謝です。今では殆どの仲間がすでに離れ離れになってしまったけど、それでもあの時の楽しさは忘れられません。僕の下手な英語にも関わらずに付き合ってくれたアメリカ人の友達にも大感謝。少し気分屋の僕を辛抱強く支えてくれた上司と同僚達にも大感謝。

そう言えば、路上でギターを弾いて歌うことはやりそびれてしまいました。まあ、それは日本に帰ったら相方とやればいいかなとも思っています。

それでは、このブログを終わりにしたいと思います。ニューヨークで頑張っている皆さん、日本の看板を背負って、思う存分この国で生活して下さい。日本の皆さん、もう間もなくお会い出来るので、またお仲間に入れて下さい。どうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました。
Thank you very much, New York CIty and all my friends. I've learned a lot of things which I've never thought before in this city. I now understand that everybody has own value and we should respect thiers each other. I ejoyed living this city for this two years and I'm sure I'll be back here in the future.
Bye for now, New York City.
d0031192_1354366.jpg

[PR]

  # by masa-beatles | 2007-03-26 13:58 | この頃思うこと

New York, New York

d0031192_13255853.jpg今日は朝起きて、荷造りの続きをした。曇り空のニューヨーク。ニューヨークのイメージは今でも灰色だ。しばらくして、雲間が覗き、そして日光が摩天楼に差し込み始める。やはりこうでなくっちゃ。

ニューヨークには青空がよく似合う。

摩天楼の底から覗く、深い青が澄みわたる空。子供の頃、東京で眺めた空といっしょ。綺麗に晴れ上がったニューヨークの清々しさは、絶対に忘れたくない。

午後、ロウアーマンハッタンに、自由の女神を眺めに行く。ところが、地下鉄を間違えてブルックリンに。結局最後まで、この複雑なNY地下鉄を使いこなせなかったな。でも、無事に自由の女神には再会。2年間分のスペシャルサンクスを彼女に送る。

WTC跡地は、新しく建設工事が始まって賑やか。きっと次に訪れる頃は、もっともっと変わってしまっているんだろうな。ここで亡くなった人達には、最後の祈りをささげた。

夕方、タイムズスクエアにあるJohn's Pizzeriaで、仲間と夕食。ちょっと早めの夕食だったのは、ミュージカル、「Tarzan」を観に行くため。ミュージカルに行った理由は、Tarzanの主演女優、Jenn Gambateseと一緒に飲みにいくため。
実は、仲間が彼女と仲良くなり、以前彼女と彼女のフィアンセ、そして僕らの6人で一緒に夕食を食べに行ったところ、帰国の前に是非もう一度ミュージカルに来てくれと、チケットを抑えてくれたのだ。そして、舞台のあとに一緒に飲みにいくことになっていたのだ。

残念ながら彼女のフィアンセが体調不良になってしまったため、今日の飲みはキャンセルに。でもJennは代わりに、Tarzanの舞台裏を見せてくれるショートツアーを開催してくれた。まさかの舞台裏。誰もいないシアターを、舞台の上から眺めた。感動。ただただ感動。
最後の最後に、こんな素晴らしい贈り物。Jennには、ただただ感謝。

Jennにさよならを告げ、仲間とアイリッシュパブで一杯。呆然とする僕らは、殆ど口をきかなかった。パブをあとにして、タイムズスクエアを歩く。
世界の中心、世界の交差点に立つと、そこでは目まぐるしくニューヨークが動いていた。楽しそうにはしゃぐ観光客達。ここはいつの時も僕の町であって、彼らの町ではなかったのに。でも、それもフィナーレ。ここはもうすぐ僕の町じゃなくなる。

寂しいなって思いながら、目まぐるしく輝き続けるタイムズスクエアで、カメラのシャッターを切りまくった。

New York, New York。
[PR]

  # by masa-beatles | 2007-03-26 13:31 | この頃思うこと

ひとつひとつ終わっていくということ

毎日毎日、これまで日常であった事が、一つ一つ終わっていく日々です。帰国までもうあと僅か。だんだん現実味を帯びて来ました。

購読していたNYタイムズの解約、携帯電話の解約、電気代の解約、アパート引越に必要な手続き等々、各種契約の解約。
引越しのために荷造り、あれを捨てて、これは持って帰ってなどなど。
友達との送別会、職場の送別会、最後のマジソンスクエアガーデン、最後のミュージカル。訪れた場所それぞれに、「もうここに来るのは最後だな」と感じる瞬間。

一つ一つ、これまで馴染んだ全ての事を片付けていくということ。人生に何度もあるようで、あまり無いような経験です。さあて、ニューヨーク最後の週末です。どうしてくれよう、と今から息巻いています。

d0031192_14322279.jpg

ブルックリンハイツから眺めるロウアーマンハッタンの摩天楼。寒いのに女性が一人、そこにたたずんでいました。
[PR]

  # by masa-beatles | 2007-03-23 14:34 | NY生活情報

なごり雪

d0031192_14344957.jpg日本の名曲のひとつ、「なごり雪」というのは、まさにこういうことを言うのかな、って思いました。この3月の末に、僕にとってセミ・ファイナルとなるこの週末に、ニューヨークは雪模様となりました。17日はセント・パトリックスデーで、ニューヨークに春の訪れを告げる大パレードがあったのですが、どうやら積もった雪のなか行われたようでした。
「ニューヨークで見る雪はこれが最後だと寂しそうに君が呟く♪」って何となく歌いたくなりました。もう見ることが無いと思っていたニューヨークの雪景色。町なかが歩き辛くて参ってしまいますが、ニューヨークからの最後の贈り物なんだと前向きに考えれば、これはこれで悪くないやと思えるのでした。
さて、イヤイヤながら荷造りを開始しました。あと残り1週間程度。もうカウントダウンです。
[PR]

  # by masa-beatles | 2007-03-18 14:40 | NY生活情報

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE